Recycle とくしまSOYくふうプロジェクト

自然の恵みを次世代に引き継ぐために徳島から世界に向けて私たちができること

おからを活用した循環型プロジェクト

廃棄するおからを食の安全・安心につなげる廃棄するおからを食の安全・安心につなげる

四国化工機ではおから分離システム、直胴圧搾差圧トルク制御方式の採用により、従来より少ない電気量で豆乳の抽出率5%向上を可能にしました。これによって生まれたおからを活用して食の安全・安心につなげます。

Recycle

豆腐の生産における排出おからの再資源化豆腐の生産における排出おからの再資源化

豆腐の生産から排出される「おから」を乾燥させ、新たな付加価値商品として再資源化しています。

おからを活用した循環型プロジェクト

Recycle とくしまSOYくふうプロジェクト

循環型事業へ展開して食の安全・安心につなげる循環型事業へ展開して食の安全・安心につなげる

豆腐製造の工程で大量に生じる「おから」。食品用や家畜の飼料に利用されるケースもありますが、その多くは産業廃棄物として処理されています。おからの資源循環をテーマにした産学官連携によるプロジェクト「とくしまSOYくふう」は、こうした「もったいない」という気持ちから生まれました。「SOYくふう」は、創意工夫と、英語のSOY(大豆)をコンセプトに考えたおからを循環させて有効活用させるプロジェクトです。 四国化工機と徳島県などの産学官で構成する「地域資源循環型ビジネス研究会」では、おからの有効活用に関し、「農業→豆腐製造→飼料肥料→畜産業→農業」という農商工の循環を提案し、安全・安心な商品や新ビジネスを創出するための活動を行っています。おからを乾燥し食用や家畜の飼料として有用資源化することにより、生まれる商品は「とくしまSOYくふう」の独自ブランドとしてPRされ、地域経済の向上、社会環境の貢献につながるように活動しています。

安全・安心の大豆・もち麦を栽培

国内の生産者により安全・安心な大豆や野菜ができます。

安全・安心な食品づくり

国内で生産した安全・安心の原料により、豆腐などのおいしい食品ができます。

食品の生産工程が終えるとおからが生まれる

おからの廃棄量は年間65万トンと言われており、全国でも問題となっています。そのおからを有効活用して循環させます。

おからと納豆菌を合わせることで畜産品や水産品の飼料として活用する

本来の飼料は抗生物質を含む必要がありますが、おからと納豆菌を合わせることで免疫機能増強の作用があり抗生物質の代替として使用できます。

抗生物質を使用していない畜産物の糞肥料として活用

抗生物質を含んでいない糞肥料を活用することで安全・安心の食につなげることができ、今まで廃棄していたおからを循環することができます。

おからを有効活用する循環型プロジェクト「とくしまSOYくふう」

安全・安心の大豆・もち麦を栽培

国内の生産者により安全・安心な大豆や野菜ができます。

安全・安心な食品づくり

国内で生産した安全・安心の原料により、豆腐などのおいしい食品ができます。

食品の生産工程が終えるとおからが生まれる

おからの廃棄量は年間65万トンと言われており、全国でも問題となっています。そのおからを有効活用して循環させます。

おからと納豆菌を合わせることで畜産品や水産品の飼料として活用する

本来の飼料は抗生物質を含む必要がありますが、おからと納豆菌を合わせることで免疫機能増強の作用があり抗生物質の代替として使用できます。

抗生物質を使用していない畜産物の糞肥料として活用

抗生物質を含んでいない糞肥料を活用することで安全・安心の食につなげることができ、今まで廃棄していたおからを循環することができます。

私たちの3つの強み

PICK UP CONTENTS 注目の情報

お問い合わせ
お問い合わせ