包装資材事業を知る PACKAGING MATERIALS BUSINESS

独創性のある確かな技術で、
安心とおいしさを包む

さまざまな
ニーズに応じた
オリジナル容器を創造する

鮮度を保ち、美味しさをキープする。飲みやすさ、食べやすさをサポートする。衛生的で、安全・安心。思わず手に取りたくなるデザイン。包装資材には、食品の特性や販売ターゲットに合わせてさまざまなニーズへの対応が求められます。
そのあらゆるニーズに応えているのが、SKグループの包装資材事業です。プラスチック容器や紙容器をはじめ、ストロー、口栓、オーバーキャップやフィルムまで幅広く展開。
スタンダードな形状はもちろん、新開発の食品に合わせたオリジナルパッケージの企画提案・開発・販売にも対応しています。さらに、機械事業との連携により包装資材に適合する充填機のご提案も可能。その高い親和性が安定した生産と品質アップに繋がり、多くのお客様から信頼の声をいただいています。

包装資材事業における工程と職種

工程と職種が交わる部分をクリックすると、仕事内容などの詳細をご覧いただけます。

 

包材技術系の仕事

  • 調達

    紙容器を製造する四国パックでは、「原紙」と呼ばれる巨大なロール状の紙などの価格交渉や新たな仕入先の開拓を担当しています。プラスチック容器を製造する東洋科学では、主に「ペレット」と呼ばれる粒子状になったポリプロピレンなどの樹脂を調達しています。

  • 生産

    四国パックでは、静岡本社・滋賀の両工場でヨーグルトやアイスクリーム、カップ麺などに使用される紙容器を生産しています。東洋科学では、本社工場でデザートやドリンク用カップのプラスチック容器、阿見工場でマーガリン用のプラスチック容器を生産しています。

  • 品質管理

    各工場で製造される製品の品質管理基準を策定し、それを満たしているかどうか目視検査や微生物検査などを用いて合否判定を行っています。また、工場環境の維持管理も担当しており、製造工程における異物混入の対策や衛生面の担保にも取り組んでいます。

  • 装置技術

    新規装置の計画から設計・導入・立上げ・改善改良・メンテナンスまでの対応や、既存設備の維持管理・整備改造の他、製造技術の改善による生産の合理化・効率化など生産設備に関連する事項を全般的に担当しています。

  • 品質保証

    各種マニュアルの策定や定期的な工場監査の実施などにより、各工場で品質管理基準に沿った製造が行われるよう、事業部全体の品質の維持向上を図っています。また、トラブル時の原因調査や再発防止策の実施、過去のトラブルの分析などを通じ、問題の予防保全に努めています。

世界に目を向けると、
私たちの可能性は
無限大に広がる
SK GROUP RECRUIT 2022