INTERVIEW 03

自分の担当した
商品が世の中に
求められている実感

四国化工機 / 兵庫勤務

食品事業 商品開発

専攻学科:生物系 | 2010年新卒入社

現在はどのようなお仕事をされていますか?

新しい原材料をつかって
面白い商品が作れないか
検討する

新商品の企画、試作の実施、量産化に向けたテストの実施などです。また工場から取り寄せた豆乳やその他の新しい原材料をつかって、面白い商品が作れないか検討するのが基本の仕事です。良いものが出来れば課内で試食を行い、議論しながら徐々に改良を重ね、商品化の承認がもらえるように他部署にも協力を依頼しながら、準備を進めます。社内承認を取る準備と同時に、量産化にあたって問題点がないかを洗い出すために、実際の設備で製造テストを行っています。
さらに、新商品に使用する原材料や包装資材の選定をするために、メーカーや商社にサンプルを依頼したり、情報収集を行ったりすることもあるので、様々なジャンルの企業の方と商談する機会もあります。やりたいことがたくさんあるので、限られた時間の中で自分の能力や今一番必要なことは何かを考えながら、効率よく仕事をしなければならない点が難しさでもあり、チャレンジ精神を求められるところでもあります。

あなたにとって仕事のやりがいは?

妥協せずに作り上げて
よかったと、自分の仕事に
誇りを感じた

自分が担当した商品が店頭に並んでいるのを見た時にやりがいを感じます。以前、有名キャラクターとコラボした豆腐を担当したことがありました。世界観やデザインなど、かなりこだわりを持っているキャラクターだったため、商品化に至るまでに版権を持つ会社の担当者と何度も打ち合わせを行い、自分でもキャラクターの事を勉強しました。
また、製造も最初からうまくいったわけではなく、容器の素材を変更したり、味についてもキャラクターのイメージに合うような自然な甘みが出るように試行錯誤を重ねたりしました。苦労して出来た商品がテレビ番組で紹介された際には、お客様から販売店について問い合わせの電話が多数ありました。また、店頭に並んだ商品を購入してくださるお客様を実際に見て、最後まで妥協せずに作り上げてよかったと、自分の仕事に誇りを感じました。自分の担当した商品が世の中に求められている実感が湧き、喜びも格別でした。

入社のきっかけは?

自分がかかわった食品を
日本中の人に
食べてもらいたい

食品関連の企業に就職したいと思い、色々な企業の説明会に参加したなかで、四国化工機に出会いました。
その際、就職活動をしていた最初の時点では徳島県という場所にこだわらずに仕事をしたいと思っていたこと、さらに元々徳島を本拠地としている会社を知らなかったこともあり、徳島で働くという選択肢はもっていませんでした。しかし、大学内で開かれていた就職説明会に参加した際に、話をしてくれた先輩方からアットホームな雰囲気を感じ、四国化工機に興味をもちました。そして、四国化工機について調べたところ、日本国内に限らず、海外でも自社ブランドの豆腐や充填機を販売していることを知り、「自分がかかわった食品を日本中の人に食べてもらいたい」という夢を実現できる可能性があると感じ、魅力的に思いました。また、内定をもらい大学の教授に報告したところ、大変良い会社で先輩方も社内で活躍していると後押ししてくれたこともあり、入社を決めました。

入社してよかったなと思うことは?

同期以外にも部署や年齢・性別の
垣根を超えた仲間が出来た

自分の意見を尊重してもらえる環境で仕事が出来ることです。自分のやりたいことを妥協したり譲ることもありますが、頭ごなしに否定されることは無く、尊重してもらっていると感じます。また、課内はもちろん他部署にも業務上の様々な問題や疑問点を相談できるため、私個人としては大変仕事がしやすい環境だと感じています。
また、会社に入るまでは学校の同級生や先輩後輩など年齢が比較的近い人としか交流してきませんでしたが、会社に入ってからは、同期以外にも部署や年齢・性別の垣根を超えてお酒を飲みに行ったり、共通の趣味を楽しめる仲間が出来たことは良かったと思います。

休日の過ごし方は?

自然のなかでのんびりすると
最高にリフレッシュ!

キャンプにはまっていて、色々なグッズを買い揃えています。
今まで何度か実際にキャンプをしましたが、自然のなかでのんびりすると最高にリフレッシュできます!キャンプが共通の話題となり、社内で今まで話すことがなかった人と話すきっかけにもなりました。
また、休日の早朝に1時間程度ジムに行くのが習慣になっています。平日・休日ともほとんど同じ時間に目が覚めるので、朝の時間を有効活用するために通い始めました。体を動かすと頭がすっきりし、1日を活動的に過ごせるので欠かさず通うようにしています。これでダイエットに成功できれば最高に嬉しいですが、休日のみの活動では今のところ成果は出ていません(笑)

OTHER INTERVIEW

世界に目を向けると、
私たちの可能性は
無限大に広がる
SK GROUP RECRUIT 2022